スクワットは万能!?腹筋を割るのに効果的で意外な方法を大公開

腹筋の筋力トレーニング

スクワットは万能!?腹筋を割るのに効果的で意外な方法を大公開します。

スクワットは「キング・オブ・エクササイズ」と呼ばれることもありますが、それにはちゃんとした理由があります。もしあなたが理想のシックスパックを手に入れたいのであれば、プッシュアップをするよりも、スクワットをした方が効果的です。

そこで今回は、スクワットによってどこの筋肉が鍛えられるのか、なぜシックスパックを作るのに効果的なのかについて解説します。また、シックスパックを作る際におススメのダイエット法も併せてご紹介します。

スクワットは腹筋にも効果あり!

スクワットというと、足の筋肉を鍛える運動と思われる方が多いと思いますが、「キング・オブ・エクササイズ」の異名は伊達ではありません。足だけでなく、腹筋にも効果があるのです。

実際にスクワットをしてみるとすぐに分かると思いますが、膝を曲げて上体を下すときに、おなか側の突っ張るのが実感できると思います。それは、スクワットが腹筋にも効いている証拠です。

また正しいスクワットは腹圧を使います。腹圧を使うことで腹筋、体幹を直接的に鍛えられるのです。スクワットは全身運動と言われるのはそのためですね。

スクワットで背筋も鍛えられる?

スクワットをおこなうとおなか側に突っ張る感じがみられますが、同時に背筋にも負荷がかかります。スクワットの正しいフォームを維持すること自体に、背筋(特に脊柱起立筋)が大きな役割を果たしているからです。

スクワットをおこなう際に、もっともやってはいけないことが「猫背」になることです。猫背になるとスクワットの効果が減少するだけでなく、腰痛や膝痛を発症するリスクが高くなるからです。

そうならないためにも、スクワットは正しいフォームでおこなう必要があります。そして、正しいフォームを維持するため、背筋も鍛えられることとなるのです。

スクワットをしても脚は太くならない?

筋肉

スクワットは、ダイエットをしたい女性にもおススメのエクササイズなのですが、女性の中には「筋トレをするとムキムキになるからイヤ」という方もいらっしゃると思います。男性でも脚が太くなりたくない人もいることでしょう。

ただ、そのような心配は全く必要ありません。というのも、ムキムキになど、なりたくても簡単になれるものではないからです。筋肉をつけるプロフェッショナルであるボディビルダーであっても、1年につけられる筋肉はせいぜい1kgから2kgです。

脚を太くするには、とてつもなくハードな筋トレと、徹底した食事管理が必要です。太くなる努力をしないと、脚が太くなることはありません。安心してスクワットに挑戦してくださいね。

スクワットで皮下脂肪は燃焼する?ダイエット効果は?

スクワットをダイエット目的でおこなわれる方も多いと思いますが、皮下脂肪が燃焼するかどうかは気になるところだと思います。結論から言うと、「ノー、バット、イエス」となります。

どういうことかというと、スクワットをすることによって直接、皮下脂肪が燃焼することはありません。なぜなら、皮下脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が必要だからです。

ただ、スクワットをおこなうことで筋力がアップすれば、基礎代謝が向上するので、皮下脂肪が燃焼しやすい体質になっていきます。また、筋トレをおこなってから48時間は代謝が向上するため、やはり皮下脂肪が燃焼しやすくなるのです。

スクワット15回は腹筋500回分の効果がある

腹筋を鍛えるというと、シットアップ(いわゆる腹筋運動)をおこなうのが一般的だと思います。また、痩せやすい体質になるには、筋力を増強して基礎代謝を向上させるのが早道です。

そういった意味でいうと、腹筋にしかアプローチしないシットアップに比べ、下半身全体および、腹筋や背筋にもアプローチできるスクワットの方が、非常に筋トレ効率が高いのです。

同じだけの筋肉を付けるなら、腹筋を500回やるよりも、スクワットをしっかりと15回やった方が効率的なのです。実際、腹筋を500回やるとなると、かなり時間が必要ですからね。

スクワットは毎日やった方がいい?

スクワットに限った話ではありませんが、筋トレは一般的に2日から3日に一度おこなうのが効果的だとされています。軽い筋トレであれば2日に1度、重い筋トレであれば3日に1度もおこなえば十分に効果が得られます。

というより、適度に休養を取らないと筋肥大がうまく起こらないのです。筋トレとは、ある意味では筋線維を断裂する行為です。断裂した筋線維は2,3日するとくっついて元に戻ります。

その際に、以前と同程度の負荷では切れないように強度が増すのです。このことを筋トレの世界では「超回復」と呼んでおり、それが筋肥大のメカニズムとなっているのです。

そのため、スクワットもバーベルなどを用いてきっちりとおこなうのであれば、2日か3日に1度で十分です。ただ、自重でスクワットをおこなう場合、少し事情が異なってきます。

スクワットチャレンジってなに?

筋トレは原則として2日から3日に1度おこなえば十分なのですが、自重でスクワットをおこなう「スクワットチャレンジ」の場合、少し事情が異なります。

スクワットチャレンジはアメリカで大流行したダイエット法で、数年前に日本にも上陸しました。スクワットチャレンジは4日を1クールとしています。初日に50回、2日目に55回、3日目に60回と、徐々にスクワットの回数を増やし、4日目は休養日とします。

2クール目の初日は、前クールの3日目に20足した回数(5日目であれば80回)からスタートします。このようにして徐々に回数を増やしてスクワットをおこなっていくと、30日目には250回のスクワットをすることになります。

最初から250という数字を見るとしり込みしてしまいますが、うまく休養日を挟むことによって筋肉が回復し、だんだんと多い回数でも楽にこなせるようになってきます。

実際にスクワットチャレンジを1ヶ月続けると、ヒップアップするので足が長く見えるようになります。また、下半身全体のシルエットも美しくなりますよ。

スクワットは腹筋よりも筋肉痛になりにくい

スクワットがおすすめの理由の1つとして、腹筋よりも筋肉痛になりにくいということがあげられます。また、筋肉痛になったとしても、腹筋よりも回復が早いです。

なぜかというと、人間の筋肉はその70%が下半身に集中しているからです。筋肉には関節を動かすだけでなく、血液を循環させる働きもあります(筋ポンプ)。

血液は酸素と栄養を運んでいるため、血行がよい場所は栄養状態もよいのです。そのため、筋肉量の多い下半身は回復も早いという訳なのです。

スクワットで腹筋は割れる?

腹筋がパカッと割れていると、男性でも女性でも格好いいものですよね。では、スクワットをおこなうことによって、腹筋は割れるのでしょうか。この質問に答えるためには、人体の基本的な仕組みについて知っておいてもらう必要があります。

といっても、それほど難しい話ではありません。どういうことかと言うと、腹筋なそもそも、誰でも割れているものなのです。解剖図を見るとそれは明らかだと思います。

私たちが単に「腹筋」という場合、それは腹直筋のことを指しているケースがほとんどだと思います。そして、腹直筋はもともと6つ(見方によっては8つ)に分かれています。

つまり、理想のシックスパックを手に入れるためには、腹直筋を鍛えるよりも、その上を覆っている脂肪を取り除くことが重要なのです。そのためには有酸素運動が重要となります。

シックスパックを作るならスクワット+有酸素運動

先ほど、理想のシックスパックをゲットするためには、腹直筋を鍛えるよりも、皮下脂肪を取り除く方が重要だと説明しました。そして、皮下脂肪を取り除くのにもっとも効果的な運動が有酸素運動です。

有酸素運動とは、筋肉に軽度から中等度の負荷をかけ、長時間にわたっておこなう運動のことを言います。有酸素運動の代表的なものが、ジョギングやランニング、ウォーキングなどです。

有酸素運動を開始すると、始めに体内の糖質が燃焼して運動エネルギーへと変えられます。糖質を燃焼しつくすと、次に体脂肪を燃焼して運動エネルギーへと変えるのです。有酸素運動を開始してから体脂肪の燃焼がおこるまで、一般的に20分程度かかるとされています。

スクワットなどの筋トレは無酸素運動と呼ばれており、おもに体内の糖質をエネルギーにしています。そのため、筋トレをおこなってから有酸素運動を開始すれば、体脂肪が燃焼するまでの時間を短縮できるのです。

また、先述したように筋トレをおこなってから48時間は、代謝が向上して体脂肪が燃焼しやすくなっているのです。ダイエットのためにもシックスパックのためにも、スクワット+有酸素運動がオススメです。

正しいスクワットのフォームとは

ここまで見てきたように、スクワットは「キング・オブ・エクササイズ」の名に恥じない、とても効果的でオススメの筋トレとなっています。ただし、スクワットに限らず、筋トレは正しいフォームでおこなうことが重要です。正しい筋トレのフォームについては、以下の動画を参考にすると分かりやすいと思います

【筋トレ】スクワットの正しいやり方とよくある間違いを詳しく解説!
  1. 両足を肩幅に開き、つま先はまっすぐ前を向くようにする
  2. 両手を肩の高さでまっすぐ前伸ばす
  3. 股関節から後ろに折り曲げるようにし、同時に膝も曲げていく
  4. 太ももと地面とが平行になったら元の姿勢に戻す

スクワットをおこなう際によくある間違いが、膝を曲げたときに膝頭がつま先よりも前に出てしまうというケースです。このような姿勢でスクワットをおこなうと、膝を痛めるリスクが上昇します。

また、上体が前のめりに猫背気味になってしまうと、スクワットの効果が半減するだけでなく、腰を痛めるリスクが上昇します。あと、太ももと床が平行になるよう、しっかりと沈み込むようにしましょう。

↓スクワットのやり方について、更に詳しくはこちらをご参考ください。

筋肥大を目指す人向け!膝や腰を痛めない効果的なスクワットの正しいやり方と7つの筋トレメニュー

まとめ

スクワットは万能!?腹筋を割るのに効果的で意外な方法を大公開、いかがだったでしょうか。腹筋といえばシットアップというのが一般的な考え方ですが、スクワットがいかに万能であるかを理解して頂けたことと思います。

ダイエット目的であっても、シックスパックになるのが目的であっても、スクワットを避けて通ることはできませんし、やっておかないと損をします。正しいフォームでスクワットに取り組み、美しい腹筋を手に入れましょう。

腹筋が割れなくてお悩みのあなたは、こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね。

まさかこんな所に…腹筋が割れない理由や原因11選!