ダイエットに失敗しがちな人には共通点があった!目からウロコなポイントと対処法

筋トレメニュー

この記事ではダイエットに失敗してしまう人の共通点や失敗しないための対処法などを紹介します。

「体重を減らしてモテる体を作りたい!」、「最近お腹が出てきたから引っ込めたい!」という理由でダイエットに取り組んだことのある人はかなり多いと思います。

でも実際ダイエットをやってみたら思うように体重が落ちず、見た目も変わらなくて結局挫折し、元の生活に戻ってしまったという方もまた少なくないのではないでしょうか。

確かに結果がはっきり出ないと「この行為に意味があるのか・・・」と疑問に思ってしまいますよね。

しかし実はダイエットに失敗してしまう人達にはいくつかの共通点があるのです。

この記事ではダイエットに失敗する人の共通点と傾向、その対策を紹介していきたいと思います。

ダイエットに失敗してしまう人の共通点とは?

ダイエットを失敗する人の共通点①栄養をカットすればいいと思っている

ダイエットに失敗してしまう人の共通点1つめは「ただ単に摂取カロリーを落とせばいいと思っている」ところです。

確かに体重は「消費カロリー>摂取カロリー」にすればある程度までは減っていくというのは間違いではありません。

しかし極端にカロリーを制限しすぎてしまうと体が「飢餓状態」となりより多くのエネルギーを貯めこもうとします。それが脂肪となってしまうのです。

つまりカロリーを制限しすぎればしすぎるほど太りやすくなってしまうという皮肉な結果になる可能性が高いわけです。ダイエット後普通の食生活に戻すとリバウンドもしやすいですね。

人間の1日の消費カロリーは1800~2200キロカロリーと言われていますが(運動量や筋肉量など人による)、それに最低でも近いくらいは摂取したいところです。

ダイエットを失敗する人の共通点②空腹に耐えられない

ダイエットは「食べない」というイメージがあると思います。実際に食事を極端に減らしてダイエットに挑む人は少なくありません。

そうなった場合、最大の敵が「空腹」ですよね。

空腹感に耐え切れず糖質やカロリーの数値が高いものを間食として食べてしまったり、反動で炭水化物をドカ食いしてダイエットに失敗してしまったという人はそれなりに多いでしょう。

実際は糖質やカロリーの低いものを選べば間食は食べてもほとんど問題ないのですが、「間食は絶対ダメ!」と思ってしまっている場合が多く、結果としてお腹が空きすぎてダイエットに失敗してしまうのです。

おすすめの間食は↓をご参考下さい。

ダイエット中の方は必見!痩せるための方法とおすすめ食材・間食をご紹介!

ダイエットを失敗する人の共通点③脂肪ではなく筋肉が落ちている

筋肉の量は基礎代謝の量に関わっています。

基礎代謝とは何もしていなくても体内でカロリーを消費し、生命活動を維持してくれるシステムで、人によって数字は変化しますが30代男性なら平均1500キロカロリー、30代女性なら平均1200キロカロリー程度が基礎代謝で消費されます。

極端に栄養を制限した結果、筋肉組織を維持するのに必須である「タンパク質」が不足すると筋肉の量は減少していまい、結果基礎代謝が下がって太りやすい体になってしまう可能性があります。

ダイエット時に栄養を制限しすぎるあまり、タンパク質が十分に摂れてない人は多いのではないでしょうか?

筋肉を残しつつ体脂肪を落としたい場合は↓の記事をご参考下さい。

筋肉を残して体脂肪だけを落とす!ダイエット時に気をつけたい4つのポイント

ダイエットを失敗する人の共通点④十分な睡眠を取っていない

また不規則な生活で十分な睡眠を摂れていない場合もダイエット効率がよくありません。

睡眠時間が短いと食欲増進ホルモン「グレリン」と食欲抑制ホルモン「レプチン」という2つのホルモンのバランスが崩れ、食欲を増進させる「グレリン」の分泌が増えます。

そのため寝不足の場合、食欲が旺盛になりやすく結果高糖質や高脂質の食事を取り過ぎてしまって体重が増加するのです。

ダイエットでは必ず十分な睡眠時間を取ろうと言われますが、まさにその通りだと言えるでしょう。

ダイエットを失敗する人の共通点⑤たった1日計った数字を気にしすぎる

ダイエットをしている人は、ほぼ毎日のように体重計に乗って自分の体重をチェックしているかと思います。

そのときに体重がもし増えてしまっていた場合、「せっかくあれだけ食事を制限したのに・・・」と結果にショックを受け、モチベーションが低下して挫折してしまうパターンは珍しくありません。

しかし人間の体重のおよそ60%を占めるのは「水分」です。

そのためそのとき体内に残っている水分量によっては1kg~1.5kgの増減はよくあることなのです。未消化の食べ物や腸内に残っている便などの要素も加わり、人によっては「1日で2kg増えた!」なんてこともあるそうですね。

脂肪がついたのではなく水分が増えただけなのに、たった1日計った体重計の数字のみに囚われてしまう人は多いです。

ダイエットを失敗する人の共通点⑥停滞期に諦めてしまう

同じようにダイエットに対するモチベーションを下げてしまう要因として「停滞期」が挙げられます。

停滞期とはダイエットを開始して3kg~5kgほど減った段階で始まる期間のことで、急激に減った体重に体の恒常性を司るシステム(ホメオスタシス)が異変を感じ、体重が減らなくなるように体内の機能を調節する状態を指します。

この停滞期はしばらく時間が経過すればまた体重が減るようになるのですが、これも知らなければ上記の⑤と同じく「あんなに努力したのに・・・」と挫折してしまう原因になっています。

ダイエットを失敗する人の共通点⑦食べる時間を間違っている

「夜食を食べすぎると太る」というのはポピュラーな定説ですが、ダイエットを失敗してしまう人の中には我慢できず夜食に炭水化物や脂っこいものを食べてしまった記憶がある人もいるでしょう。

体が睡眠モードに入った夜中は体の活動量自体が下がりますし、夜10時~2時の間の時間帯は脂肪を体に蓄える「BMAL-1」という物質が分泌される時間帯でもあり、食事を取り過ぎると肥満の原因になります。

どうしても夜食を食べたい場合は↓の記事をご参考下さい。

ダイエット中におすすめの夜食6選

ダイエットを成功させるために意識することは?

ダイエットを成功させるために重要なこと①カロリーだけでなく糖質も意識

たとえ全体の摂取カロリーを控えめにしても、糖質を多く摂ってしまってはあまりダイエットの効果は得られません。

というのも糖質は体脂肪を体に蓄積させる「インスリン」という物質の分泌を促すため摂取しすぎると体脂肪になりやすいのです。

そのため最近ではカロリー制限よりも糖質制限の方がダイエットの主流になりつつありますね。

何でもかんでも糖質は制限するダイエットは体に良くないので、ご飯、パン、パスタなど主食の炭水化物を「夜だけ制限する」「普段より3/1減らしてみる」など、少しずつ減らしその分タンパク質を増やすだけで大きな効果を感じられます。

糖質を少し減らしてその分高タンパクな食事に切り替えると、摂取カロリーはそれほど極端に制限する必要はなく(1日の消費カロリー程度は摂れる)、脂肪は落ちていきます。

全体のカロリーを制限するより取り組みやすいので今までカロリー制限でダイエットを失敗してきた人は試してみるのもいいでしょう。

糖質制限については↓もご参考下さい。

【最新版】ダイエットには何が大事?効果的な糖質制限の方法について!

ダイエットを成功させるために重要なこと②具体的な数字の目標を立てる

挫折してしまう人はあらかじめ具体的な数字の目標を立ててダイエットに臨むのも有効です。

目標を設定せずとりあえず減らせばいいかと考えていると、どこかで意識が下がり「これくらいならいいか・・・」と不必要なカロリーや糖質を摂取してしまう可能性があります。それが積もり積もると結局体重があまり変わっていないという事態になりかねません。

なので「〇ヵ月で〇kg痩せる」といった具体的な目標を立てた方が成功しやすいでしょう。

ただし、例えば1ヵ月で10kg痩せるなど厳しすぎる目標を立てると体調を崩してしまうので、あくまで現実的な数値で目標を立てましょう。

ダイエットを成功させるために重要なこと③周囲に宣言する

目標の数字を設定するだけでなく、友人や家族など周囲の人にダイエットをしていると宣言することも効果的です。

宣言をすることでモチベーションが持続しますし、食事の付き合い、食卓のメニューなどに関しても理解が得られるでしょう。

ブログやSNSをやっているならそちらで宣言するのもいいですね。

ダイエットを成功させるために重要なこと④1日の結果に一喜一憂しない

上の項でもお伝えした通り、人間の体はほとんどが水分であるためたった1日でも1kgくらいの増減は普通に起こります。必ずしも脂肪がついたからというわけではありません。

なので1日体重が増えてしまったからと言って落ち込むよりも、3日や1週間などある程度長めのスパンで増減を見た方が精神衛生上いいです。

たった1日の結果に一喜一憂しないようにしましょう。

ダイエットを成功させるために重要なこと⑤筋トレを行う

基礎代謝を高めるには筋肉を増やすことも重要です。

また筋肉は脂肪より重いので筋肉を増やすと目方の数字はあまり変わりませんが、見た目は確実に絞れます。そのためダイエットをするなら筋力トレーニングはやっておいた方がいいでしょう。

あまりお金をかけたくないという人はバーベルなど器具がなくても自宅でできる自重トレーニングだけでもやるとやらないでは大違いです。

なお、筋トレをすると「ムキムキマッチョになりすぎてしまうのでは?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、筋肉は狙って大きくさせようとしない限りそう簡単に増えるものではありませんのでそこまで心配する必要はありません。

自宅でできるダイエットに有効な自重筋トレのメニューは↓もご参考下さい。

 

【初心者向け宅トレ】自宅でできる!全身の王道筋トレメニュー

【永久保存版】最短で細マッチョを目指す自重宅トレまとめ

やばい程効く!細マッチョになるための一週間の筋トレメニュー

2ヶ月で自信のある自分に!筋トレダイエット時に持つべき考え方とその戦略

自宅でできる腹筋トレ13選ご紹介!自重で腹筋に100%効かせる!

【ダンベル最強説】家トレにダンベルが欠かせない理由と選び方解説

ダイエットに有用なサプリメント

糖質制限にしろカロリー制限にしろダイエットをする際は食事にある程度の制限がつくのは事実です。

できればバランスのいいメニューを心がけ、必要な栄養素は食事から摂取するのがベストですがそうは言っても食事のみで全ての栄養素を補うには手間もお金も掛かります。

したがって時にはサプリに頼ることも必要です。

サプリと言っても色々種類がありますが、ダイエット中に大事なのは「タンパク質」。筋肉を作り、維持するにはタンパク質が必須なのでダイエット中は積極的に摂取していきたいですね。

中でも「ホエイプロテイン」という種類はタンパク質に加え、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)などの必須アミノ酸も摂取できるため非常におすすめです。

まとめ

紹介してきたようにダイエットをやってもやっても結果が出ない人には共通点が存在しています。

しかしそこさえ気を付けてじっくり修正していけばいずれ結果はついてきます。ダイエットはすぐに体重が落ちるわけではないのでメンタルの持ち方は簡単ではないですが、長い目で基本のルールを守って健康的に痩せましょう。


↑ゴリペディア管理人太郎もメンバーです。一緒にカラダづくりを楽しみ習慣化しましょう^^