フィットネス時代の今こそ!後悔しないためのスポーツジム選びを徹底解説

おすすめジム

この記事ではフィットネス時代の今こそ後悔しないためのスポーツジム選びを解説しています。

近年ではYoutubeやスマホの普及により筋トレ、ダイエットの知識が一般の方にも普及しやすくなった影響かジムに通ったりマラソン大会などに積極的に参加する人が増え、フィットネスブームと言ってもいい時代を迎えています。

自宅でももちろんトレーニングはできるのですが、ジムにはたくさんのトレーニング器具が揃っているのでジムへの入会を考えている人も多いかと思います。

しかし近くにトレーニングジムが複数あるような環境の場合、どのジムがいいのかどんな種類のジムがいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回はトレーニングジムの種類とジムを選ぶ際のポイントを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 一緒に読みたい関連記事

スポンサー リンク

まずはジムに通う目的を考える

まずはジムに通う目的を考える

トレーニングをしたい、ジムに通いたいという人はおそらく何らかの目的を持っているかと思います。

筋肉をつけてマッチョになりたい、もしくは体を引き締めて細マッチョになりたい、アスリートとして運動機能を上げたい、健康な体を保ちたい、ダイエットをしたい・・・人によって考えていることは様々だとは思いますが、おそらくこれらのどれかのためにジムに通いたいと考えている人が多いでしょう。

後述するようにトレーニングジムには様々な種類があります。

ジムの種類ごとにトレーナーの有無や、置いてある器具の種類や豊富さ、価格などが大きく異なるので入会するジムを選ぶ際はしっかり自分の目的ごとに選択しなければなりません。

それではまずはジムの種類から紹介していきたいと思います。

トレーニングジムの種類を把握する

ジムの種類①公営ジム

ジムの種類①公営ジム

まず紹介するのは公営ジムです。市営ジムや区営ジムなど各公共団体が運営しているジムで、公営プールや公民館、公営体育館などに併設されているトレーニング施設もこれに該当します。

公営ジムのメリットは何と言っても利用料金の安さ。次に紹介する通常の会員制ジムでは月額1万円を超えることも珍しくないですが、公営ジムは公共団体が運営しているので料金が非常に安価なのです。

価格は地域によって異なりますが、安い所では100円ちょっとしかかからないというところも。

利用回数に応じて割引が得られる回数券などが用意されていることもありますね。

ジムを利用するにあたって月にかかる会費は大きな悩みの種であるためとにかく価格が安ければいいという人はこちらの公営ジムを利用するといいでしょう。

ただしデメリットとして民間のジムなどに比べて設備が整っていないもしくは古い場合が多く、トレーナーなどがおらず器具の管理や使い方が利用者に一任されているジムもあります。

また価格が安く誰にでも利用ができるため時としてマナーが悪い人がいる可能性もあるのでしっかりジムの様子を見極めることが重要です。

ジムの種類②会員制ジム

ジムの種類②会員制ジム

会員制のジムはジムに入会して月額費を払いながら利用するというタイプのジムです。

おそらく多くの人が想像する一般的なジムといえばこちらのタイプになるでしょう。

近年のフィットネスブームに乗ってその数は爆発的に増えており、一人のトレーナーが経営している個人ジムや小人数で経営している小規模ジム、全国に何十店舗もある大規模なジムまで様々な種類があります。

営業時間帯も様々で夜になると閉まってしまうジムから24時間営業している便利なジム(最近増えてきた)まで色々な種類がありますね。

月額費ももちろんピンキリ。主要なジムでは5000円~15000円といったところでしょうか?もちろん探せばもっと安い所ももっと高い高級ジムもあります。

料金も営業時間も違うので一概にデメリットはこうだとは言えませんが、数多くあって選択肢が豊富な分選び方は慎重に行わなければなりません。

ジムの種類③総合スポーツクラブ

ジムの種類③総合スポーツクラブ

スポーツクラブもトレーニングジムの一種と言っていいでしょう。コナミスポーツクラブやルネッサンスなど有名な企業が運営している場合が多いです。

上に上げたような会員制のトレーニングジムとやれることは似たようなものですが、ニュアンスとしては比較的スポーツクラブの方がフロアが大きくフィットネス関係に力を入れているイメージが強いです。

エアロバイクやトレッドミル(ウォーキングやジョギングするマシン)など有酸素運動ができるマシンが広いフロアにずらっと並び、ヨガやエアロビなどに使うフィットネスエリアが多く取られている場合も多いですね。

またトレーニング設備だけでなく大手のスポーツクラブではプールやスパ、エステまで併設されているなどやはりフィットネス色の強いタイプの施設だと思います。

ただし通常のトレーニングジムでもプールやスパが併設されていることもありますし、逆にスポーツクラブでゴリゴリの筋トレを行うことも可能なのでやはり実際に体験してみて雰囲気を感じてみるのがいいでしょう。

ジムの種類④パーソナルジム

ジムの種類④パーソナルジム

会員制ジムの中でも会員一人一人に専属のトレーナーがついてくれるジムをパーソナルジムと言います。

メリットは何と言っても効率的なトレーニングができること。

トレーニングを始めたばかりであれば一体どんなメニューをどうやってどの順番でどれくらいやればいいのか分からないという方は多いはずです。

冒頭で記した通り今はYoutubeなどでたくさんトレーニングのHowToをみることができますが、情報が多く迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

またダイエット目的の場合はトレーニングメニューだけでなく食事や栄養摂取の知識まで学ばなければなりませんので時間のない人にとっては大変です。

その点パーソナルジムはマンツーマンでトレーニングメニューの組み方やフォーム、有効な回数、セット数、食べていい食事と食べてはいけない食事などを教えてくれます。

もちろん上記のような普通の会員制ジムにもある程度以上の規模でしたらトレーナーがいることも多いですが、忙しい時はなかな都合が合わないこともあります。

トレーニング中に声も掛けてくれますし、本当にきつくなったら補助もしてくれるので挫折することなくトレーニングに臨めるでしょう。かのCMで有名なライザップもパーソナルジムの一種ですね。

ただしその分料金は高め、月額会員費で10万円以上かかるジムはザラです。あまりお金を掛けたくない人にとってはここがネックになるでしょう。

ジムの種類⑤スタジオ

ジムの種類⑤スタジオ

正確にはトレーニングジムとは少し違うかもしれませんが、体を動かす施設という意味ではヨガスタジオなどもジムの一種と言えます。

もちろん多くの場合ヨガの専門インストラクターがいますし、ヨガのための器具も豊富に用意されています。

特にホットヨガなどは室温を高めて行うため専用の部屋が必要になります。通常のジムだとかなり大きな規模のジムでないとホットヨガ用のスタジオなどは用意されていないので専用のスタジオに通わなければならない場合も多いかと思いますね。

またヨガは大勢で一緒にやることも多いのでアットホームな空気が生まれ、インストラクターや他の会員の方達とコミュニケーションが取りやすいというメリットもあります。

他にもエアロビやダンス専用のスタジオなどもあるのでエクササイズの目的に合わせてチョイスしましょう。

ヨガに関しては↓の記事もご参考下さい。

【決定版】ヨガマットのおすすめ人気比較!最強の持ち運びヨガマットはこれだ!

ヨガ呼吸式ダイエット!初心者にオススメの5つのヨガ式呼吸法

ジム選びのポイント

ジム選びのポイント①立地

ジム選びのポイント①立地

ではジムの種類を紹介したところで、今度はジムを選ぶ際のポイントについて紹介していきましょう。

まず入会するジムを選ぶ際、最も重要になってくるポイントが「立地」です。

効率的にボディメイクをするなら最低でも週に2、3日、ゴリゴリのマッチョに鍛え上げたい人は週に5日以上もこなす場合があります。

したがって住んでいる所から遠かったり、交通網が不十分な立地にあるジムに入会してしまうと通うまでに時間が掛かってしまい、プライベート及び仕事の時間が削られてしまいます。

その結果、次第にジムに通うのが億劫になり通うのをやめてしまうパターンは珍しくありません。

また、単に自宅に近いだけでなく「職場に近い」という立地も人によっては重要です。

多くのサラリーマンの方は朝~夜にかけて仕事をしているかと思いますが、通勤距離が長めの場合一旦帰って準備してジムに行って・・・とやっていると時間のロスになるので仕事帰りに近くのジムに寄ってそれから帰ってゆっくりする、というパターンの方が楽な場合もあります。

いずれの場合にしても自分にとってどの立地が一番通いやすいかはしっかり把握しておきましょう。

ジム選びのポイント②営業時間

ジム選びのポイント②営業時間

営業時間にも注視しましょう。

多くのトレーニングジムでは午前中に営業が始まり、日が変わる前に営業が終わるパターンが多いです。

その中で営業時間内使い放題だったり、プランによって利用時間が区切られている場合などジムのシステムによって様々なパターンがあります。

しっかり自分が通える時間を相談したうえでジムを選びたいですね。

しかし近年は24時間営業を行うジムも増えています。

こういったジムは24時間営業を行っている代わりに夜間・早朝にスタッフがいなかったり、置いてあるマシンやシャワー施設が必要最低限だったりしますが、複数の店舗を持っている場合が多いので夜中から早朝に掛けてしか通えない人やその時々で近いトレーニングジムを利用したい人なんかにはいいでしょう。

もちろん午前中や昼間など通常の営業時間帯も利用できます。

ジム選びのポイント③料金・会員費

ジム選びのポイント③料金・会員費

料金や会員費もジム選びにはとても重要ですよね。

上記の通り料金が最も低いのは公営ジム、ジムによってピンキリなのが会員制ジム、会員制の中でも特に料金が高いのがパーソナルジムと紹介しました。

例え多少設備が古かろうと安い方がいい・・・というのであれば公営ジムでもいいかもしれませんが、ある程度設備が揃っている会員制ジムをおすすめします。

会員制ジムの中には複数の店舗を展開しており、一度契約すればどこのジムでも使えるという営業形態もあるので便利かと思います。

余裕のある人であればパーソナルジムも選択肢に入ってくるでしょう。トレーニング、ダイエットの知識がゼロの状態であれば最も効率的にボディメイクを行うことができます。

ジム選びのポイント④設備

ジム選びのポイント④設備

当然ながら設備も重要なジム選びのポイントになり得るでしょう。

必ずしも最新鋭のマシンを使わなければならないわけではありませんが、あまりにも古いと安全面やスムーズな機能面という意味でやや不安が残ります。

そういう意味では最近できたようなジムを選ぶと安全でしょう。

また一番最初に触れた目的別に必要な設備や器具があるかどうかも大切です。

ダイエットをしたいのであればトレッドミルやエアロバイクが豊富に用意されているジムがいいですし、マッチョを目指すならフリーウェイトエリアや多彩なメニューができるケーブルマシン、スミスマシンなどが多い方が有利です。

マシンだけでなく最近の総合スポーツクラブにはスパなどが併設されているところ多いので、トレーニング以外の面も充実させたいのであればそういった施設があるかどうかも確認していきたい所ですね。

女性であればエステなどの設備もチェックしておきたいところです。

またジムのマシンは清潔かどうかも重要です。

基本的にトレーニーはみんな使用後汗を拭きとるなど清潔に使うように心がけているのですが、まれにマナーが悪く使い方が奇麗ではない人もいます。

そういった際はスタッフが整備することになるのですが、しっかり整備・清掃が行き渡っているかどうかも体験期間にチェックしておきましょう。

ジムマシンについては↓の記事もご参考下さい。

【特集】EZバー・Wバーの使い方と効果!ストレートバーとの比較と27種目の解説について!

【胸トレ】バタフライマシンの使い方と効果!大胸筋に集中した筋肥大に最も効率的な種目!

スミスマシンは安全で効果的な究極の筋トレマシン!使い方と効果的な種目について

レッグプレスは足の位置や使い方で効果が変わる!重量設定の目安とスクワットとの比較も!

ジム選びのポイント⑤客層

ジム選びのポイント⑤客層

ジムに通うかどうか迷っている人の中には「どんな人がいるのか不安」と考えている人も少なくないのでしょうか?

確かに気持ちよくトレーニングするためには客層もしっかり見ておく必要があります。

上の設備の項でも書きましたが、ある程度以上の規模を持つトレーニングジムであれば基本的にみんなマナーを守っていますが、中にはマナーを守らない人もいます。

例えば使い終わった器具を拭かない、大声で会話する、トレーニングエリアの中で通話している、使い終わったウエイトを元に戻さない、水筒などで場所取りをしている、なぜか座席に居座りスマホをいじっている・・・などですね。

また少人数のグループで一つのマシンをお互い補助しながら使いまわしている人達や複数の器具を占有してスーパーセット(連続して複数の種目を行う)などを行っている人達がいます。

これらの行為は決して悪いわけではなくジムの規約で禁止されていなければ行ってもいいのですが、さすがに人が一杯いて器具を使いたい人がたくさんいるのにこれらの行為を行うのは少し迷惑ですよね。

ジムを選ぶ際はこれらの行為をしている人がいないかどうかなどジム全体の客層、雰囲気をしっかり確認した方が気持ちよく使えると思います。

ジム選びのポイント⑥スタッフ

ジム選びのポイント⑥スタッフ

スタッフ対応もジム選びのコツです。

上記マナー違反などがあった際にスタッフの注意がきちんと行き届いているかどうか、トレーニングマシンの清掃具合はどうか、質問にはしっかり答えてくれるかなどはチェックしておきたいですね。

またもしもひどいマナー違反があった場合、直接注意するとさらなるトラブルを招きかねません。

なのでスタッフの注意をお願いするパターンがベストかと思うのですがジムによって、スタッフによっては対応してくれない場合もありますのでそのあたりの対応もジムの選び方としては一つ鍵になってくるでしょう。

さらに24時間営業のジムを利用しようと考えている場合、スタッフがいる時間帯もチェックしておきましょう。

というのもGOLD’SGYMなど24時間プロのトレーナー、スタッフがいるところもありますが、中には深夜早朝帯などスタッフが常駐していないジムもあります。

そういったジムはあらかじめカードキーなどが配られており、それを使って入室する仕組みになっています。

もちろんセキュリティ面での対策などはしっかりされており、緊急時には警備会社が駆けつけてくるなどしてくれるのですがまだマシンの使い方が分からない初心者の方などはできるだけスタッフが常駐していた方がいいかと思いますのでスタッフがいる時間を調べておきましょう。

ジム選びのポイント⑦混雑する時間帯

ジム選びのポイント⑦混雑する時間帯

混雑する時間帯はジム選びにおいてトップクラスに重要な要素です。

理由は人によって様々考えられます。

トレーニングしているところをあまり見られたくない人もいるでしょうし、たくさん人がいると恥ずかしい、人が多いと落ち着かない、単に使いたい時にマシンが使えないのが嫌などなど色々ありますね。

一般的にトレーニングジムが混む時間帯は平日と土日に分かれます。

ある程度立地によるところもありますが平日は午前中、午後は比較的空いていますね。この時間帯にトレーニングしているのは夜に勤務している人かボディビルダー、アスリートなどトレーニングを仕事としている人、主婦、一部の大学生などに限られるからです。

夕方以降になると昼間に仕事をしていた人や学校が終わった学生などが続々と訪れるため、どこのジムも基本的に混雑している時間帯です。

休日はみんなスタートが遅いのか午前中は空いていることが多いですね。

午後以降は土曜だと午後~夜までひっきりなしに利用者が訪れますが、日曜日は翌日の仕事や学校のため夜は徐々に人が少なくなっていく傾向が強いです。

なお例えば女性が多いフィットネス系のジムやヨガスタジオなんかは午前中が込み夜が比較的空くこともありますね。

空いている狙い目は平日の日中か土日の午前中ということになりますが・・・日中仕事をしている人にとってその時間帯にジム通いをすることは難しいでしょう。

その場合は立地や客層など条件によって同じ夕方~夜の時間帯でも比較的空いている時間があるかと思いますので、近隣のジムに比較的空いている時間帯などを聞いてみるのがいいかと思います。

ジム選びの際は必ず事前体験か見学を

ジム選びの際は必ず事前体験か見学を

上記のようにジムには目的別に様々なジムがありますし、選ぶポイントもたくさんあります。

しかしジムを選ぶにあたって自分が実際に体験して感じた感想より重要な判断材料はありません。

どこのトレーニングジムでもたいてい無料体験や特定期間の体験キャンペーンが開催されている場合がほとんどなのでとりあず上記の①立地と②営業時間、③料金・会員費を確認したら目的のジムの体験キャンペーンに参加してみましょう。

そこでマシンの種類やスタッフ、他の利用者の雰囲気などを確認してみるのがいいと思います。

おすすめジムグッズ

おすすめジムグッズ①シェイカー

では最後にジムでトレーニングをする場合に便利なグッズを紹介したいと思います。

まずおすすめするのはシェイカーです。

たいていのジムには自動販売機やフリードリンクがありますが、できればシェイカーやマイボトルがあった方がいいです。

シェイカーがあればアミノ酸であるBCAAやEAAといったサプリを水に混ぜてトレーニング前後やトレーニング中に飲み、筋肉の分解や疲労回復に役立たせることができますし、プロテインを混ぜてトレーニング後に素早く補給することも可能です。

もちろんその他のドリンクを入れてもいいので一つ購入しておくことをおすすめします。

おすすめジムグッズ②ウェア

トレーニングする際の服装に特に決まりはありませんが、例えばジーンズのような重い生地で作られた服だと動きにくいうえに色素がマシンに移ってしまう可能性があります。

そこで機能性の高い専用のトレーニングウェアを用意しておくといいでしょう。

特におすすめなのは「コンプレッションウェア」と呼ばれるタイプですね。

コンプレッションウェアは比較的小さめの体を若干圧迫するようなタイプのウェアで、トレーニング動作をサポートし無駄な筋肉の動きを抑えてくれます。

さらにボディラインも出やすいので鍛えた体が映えるウェアですね。

さらにコンプレッションウェアの多くはポリエステルという速乾性の高い素材が使われている場合が多いです。

トレーニング中の汗は多くのトレーニーにとって悩みの種かと思うので速乾性の高いポリエステル製のトレーニングウェアは非常におすすめですね。

できれば上下で揃えておきましょう。

トレーニングウェアについては↓の記事もご参考下さい。

見た目は大事!モチベーションを高めてくれるトレーニングウェアの選び方

おすすめジムグッズ③シューズ

ウェアと同様に重要になってくるのが「シューズ」です。

稀に素足でトレーニングしている人もいますが、ジムによっては素足が禁止されていることもありますし運動機能の向上や万が一ダンベルやバーベルが足元に落下した際、衝撃をある程度抑えるためにもシューズは絶対に履いておいた方がいいでしょう。

シューズと一口に言っても様々な種類がありますが、基本的にウォーキングやジョギングなどが中心の人は「ランニングシューズ」や「ウォーキングシューズ」と書かれているもの、ウエイトトレーニングが中心の人は「トレーニングシューズ」と書かれているものを選んでおけば間違いはないかと思います。

まとめ

フィットネス時代の今こそ!後悔しないためのスポーツジム選びを徹底解説

周囲にトレーニングジムがたくさんある人にとってジム選びは頭を悩ませる要素の一つです。

しかし実際にジムの雰囲気を確かめ、自分に合ったジムを選び出すことができれば一気にトレーニングライフが充実したものになるのでこの記事を参考にして自分に合ったジムを探してみて下さい。

ジムについては↓の記事もご参考下さい。

ジムに入会したら読んで欲しい便利グッズと大切なマナー

ジムで利用できる効果的なマシン9選!それぞれの特徴・メニューについて!

【ジムトレ】ジムで本格的に鍛える、マシンや器具を利用した「腹筋」高負荷トレーニング種目25選!

【ジムトレ】ジムで本格的に鍛えたい!お尻(大臀筋)を鍛える最も効果的な種目18選とジムトレのメリットについて!

ぶっちゃけどっちが良いの?宅トレvsジムトレ

ゴールドジムは怖くない!筋トレ初心者や女性にこそオススメな理由11選

ジム通いを続けるコツ!挫折しない秘訣と初心者向けの筋トレメニューをご紹介!

これは便利!ジムに必要な持ち物と大切にしたいジムマナーの基本

短期間でマッチョ・ダイエットするならジムを活用すべき4つの理由と初心者におすすめメニュー11選

The following two tabs change content below.
ilohas834

ilohas834

宅トレダイエット 北海道在住。スポーツ観戦を愛する。一時期27%まで増えた体脂肪率を筋トレ+有酸素運動で15%までダイエットに成功。体脂肪率10%前後を目標とし宅トレをメインにトレーニングを継続している。